開発プロセス


開発プロセス

ユニキャストでは、お客様が、ビジネス目標を達成することをサポートするために、柔軟な開発形態に対応しています。主に以下の2つのプロセスを採用し、お客様の要望やシステムの特性に合わせて使い分けて、開発にあたっています。

①プロジェクト計画
チケットを登録して機能開発・不具合・提案などの担当を割り当てます。
②プロジェクト管理
開発者は、割り当てられたタスクにコミットする形で、開発を進めていきます。
割り当てられた作業が完了したら、チケットのステータスを変更し、承認を待ちます。
③バージョン管理
エンジニアは、まとまった単位で成果物をgitリポジトリに対してコミットし、変更履歴を辿れるようにしています。
④リリース
承認を得られた機能については、逐次リリースしていきます。
社内コミュニケーション
社内のコミュニケーションについて、メールの代わりに、チャットサービスを導入しています。もちろん、在社中は、対面でのコミュニケーションを大切にしています。